Karamea Featured on Japanese TV Show

Submitted by Paul Murray on Thu, 07/03/2013 - 10:40am

The Japanese TV Programme "Sekkai no Hate no Nihon Gin" ("Japanese at the Ends of the World") heard about Sanae Murray, the wife of LivinginPeace Project Founder Paul Murray and came to Karamea at the top of the West Coast of the South Island of New Zealand in November 2012 to discover why she left Tokyo to live in Karamea.

The TV crew were here for five days and filmed the daily life of Sanae and her family and the happenings at their businesses Rongo Backpackers & Gallery, Karamea Farm Baches, Karamea Connections, Global Gypsy Gallery and the beautiful scenery and nature of Karamea.

The programme is in Japanese, but non-Japanese speakers will be able to understand it visually, so please check it out and then come and visit us in Sunny Karamea!

Thank you to Tokyo Broadcasting System for allowing us to put the footage on our Web sites and to the Sekkai no Hate no Nihon Gin film crew…good job guys!

2012年11月、TBS「世界の果ての日本人」の撮影チームはニュージーランドの南島、西海岸の最北端にある小さな村カラメアに住む早苗・マリーを訪ねにやってきました。
彼女はリビング・イン・ピースプロジェクトの創設者、ポール・マリーの妻であり、カラメアに住み始めて8年。

撮影チームは5日間かけて、なぜ彼女が東京を離れこの小さな村カラメアへ移住したのか。彼女の日常生活、彼らのビジネスであるロンゴ・バックパッカーズ、カラメア・ファーム・バッチーズ、カラメア・コネクション、グローバル・ジプシー・ギャラリーでの出来事、そしてカラメアの美しい大自然の撮影をしました。とてもいい作品に仕上がっているので沢山の方々に見て頂けたら幸いです。

TBS、撮影スタッフの皆様。私達のウェブサイトへの番組投稿を認めて頂きありがとうございました。今後も「世界の果ての日本人」が末永く続く番組になりますように。

 
X
You may login with either your assigned username or your e-mail address.
The password field is case sensitive.
Loading